サポカーは福井トヨペット

福井トヨペットのサポカーは、
もしもの時もドライバーの安全安心をサポートします。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。
自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

■上記はドライバーの安全運転を前提とした機能であり、事故の回避や万が一の被害の軽減を目的としています。各機能には限界がありますので、上記データを過信せず、安全運転を心掛けてください。

※1.踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)。※2.プリウスを対象としたToyota Safety Sense Pとインテリジェントクリアランスソナー搭載車(約12万1000台)と非搭載車による比較。2015年12月〜2016年12月の間の追突事故発生率(件/万台・年)について、公益財団法人 交通事故総合分析センター(ITARDA)による事故データを基にトヨタ自動車(株)が独自算出。

ぶつからないをサポート 踏み間違えてもサポート
はみださないをサポート 夜間の見やすさをサポート

プリクラッシュブレーキ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)は、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10〜80km/hで作動します。プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)の警報は自車速度約15km/h~140km/h※、ブレーキアシストは自車速度約30km~80km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。

コンパクト

ミニバン

セダン

ワゴン

SUV スポーツ

安全運転
サポート車の区分
必要機能 トヨタの対象機能
  • 自動ブレーキ(対歩行者・対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置※3
  • 車線逸脱警報※4
  • 先進ライト※5
  • Toyota Safety Sense P
    かつ、インテリジェントクリアランス
    ソナー装着車
  • スマアシIII装着車
  • 自動ブレーキ(対車両)
  • ペダル踏み間違い時加速抑制装置※3
  • Toyota Safety Sense C
    かつ、インテリジェントクリアランス
    ソナー装着車
  • プリクラッシュセーフティシステムかつ、
    インテリジェントクリアランスソナー装着車
  • スマアシII装着車
  • 自動ブレーキ
  • Toyota Safety Sense P 装着車
  • Toyota Safety Sense C 装着車
  • プリクラッシュセーフティシステム装着車

※3マニュアル車は除く。※4車線維持支援装置でも可。※5自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯をいう。
■グレードによって予防安全装置の設定が異なる場合があります。■グレードや予防安全装置の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。■予防安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書、または販売店スタッフにおたずねください。■予防安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心掛けてください。
※セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、Toyota Safety Sense Pかつインテリジェントクリアランスソナー装着車。セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)は、Toyota Safety Sense Cかつインテリジェントクリアランスソナー装着車、またはプリクラッシュセーフティシステムかつインテリジェントクリアランスソナー装着車、またはスマートアシストⅡ装着車。セーフティ・サポートカー(サポカー)は、Toyota Safety Sense P装着車、またはToyota Safety Sense C装着車、またはプリクラッシュセーフティシステム装着車。

ページトップへ